アイルランド旅行中に風邪を引いて病院にかかった話

ireland-hospital-e 英語のあれこれ

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

アイルランド旅行中に重い風邪にかかり、病院にかかった話をシェアしたいと思います。

その時にかかった費用や、海外保険についても触れたいと思います。

風邪を引いた

たぶん前日行ったDublin Zooで子供からもらったのでしょう。風邪をひきました。

日本から喉に効く風邪に効く市販薬を持って行ったのですが、全く効かない・・・。

海外の風邪菌強し。

海外で病院にかかるのは、お金の面で不安があったので、極力行きたくなかったのですが、

喉が限界まで腫れてしまい、友達に頼んで病院を予約してもらいました。

アイルランドの病院制度

【2024年現在】アイルランド人の友達に聞いた話によると、病院サービスが2種類あるらしく。(参考: 外務省-世界の医療事情アイルランド-)

まず最初にGP(ホームドクター)の診察を受けて、以下のどちらかを選ぶとのことです。

  1. 公営医療
    • 一般的な病院で、廉価でサービスを受けられるが、予約を数日待たなくてはいけない
    • PPS登録をしている人(アイルランドに住んでいる人)しか受けられない
  2. プライベート医療
    • 公営より早くサービスを受けられるが、高額

居住者の人は上記のルールに従うようですが、私の場合は非居住者なので、

GPの診察は受けず、2. プライベート医療を利用しました。

中国人がやっているクリニックへゴー

友達が予約してくれたのは、中国人の先生がやっているクリニック。

小さいクリニックでしたが、中は綺麗で、受付の人も英語で優しく対応してくれました。

クリニックに着いたら、初診に書く紙を書き、名前や日本の住所など個人情報を記入し、そのあとお医者さんに診てもらいました。

お医者さんには、喉を診てもらい、すぐに抗生物質を出しましょう!と処方箋を書いてもらいました。

待ち時間は15分くらいで、診察時間は5分くらいで終わりました。

お金

診察が終わったので、診察代と薬代を薬局で支払いました。

診察代75.00ユーロ(約12074円)
薬代36.00ユーロ(約5795円)

とんでもない料金を請求されるのでは、と少し不安でしたが、許容範囲でよかったです。

それでもただの風邪なのに高い・・日本だったら安いのに・・

必ず領収書と診断書はもらうこと!

日本で海外保険請求を考えている人は、必ず領収書(Recipt)診断書(Medical Certificate)をもらってください。

診断書は、受付の人にMay I have Medical Certificate?といったらすぐにもらえました。

薬を飲んで完治・・

薬は抗生物質と、喉の痛み止めをもらいました。

飲み始めてから最初の2日は全く効いている気がしなくて、地獄を見ましたが、3日目から効いてくるようになりました。

ちなみに友達にも、私の風邪がうつりましたが、自力で2,3日で治してました・・

病院はよっぽどのことがない限り行かないようです。

私なんて風邪の症状出始めたら、すぐ病院にかかるのに・・

帰国後、海外保険の請求

海外旅行保険は、クレジットカードを3枚持っていたのですが、そのうちエポスカードで請求しようと思いました。

エポスカードについて

私は家賃支払いのためにエポスカードを持っていたのですが、調べると海外保険にはとても便利なカードなようです。

ただし、私の持っているエポスカードは自動付帯ではなく、利用付帯だったので、念のために旅行代金の一部をエポスカードで支払っていました。

といっても、空港へ行く途中の電車代だけを支払ったのですが、それでも海外保険が有効になるとのことでした。

利用付帯のルールについての最新情報は、公式サイトをご覧ください。

エポスカード会員様向け海外旅行保険|エポスカード会員限定保険
海外旅行時の万が一のケガや病気、携行品の損害に対しても補償してくれる安心保険です。

入会はこちらからどうぞ!

いざ請求

帰国後すぐにエポスカードの海外保険窓口へ電話しました。

24時間受付でフリーダイヤルだったのでとても便利でした。

聞かれた内容としては、使っているエポスカードの種類、どのような病状かなどを聞かれました。

海外保険申請対象だと、後日領収書などを送る書類一式を送付してもらうことができます。

私は申請対象だったので、後日書類一式が届いたよ〜

提出書類

  1. 保険金請求書
  2. 治療状況申告書兼同意書
  3. 領収書(原本)
  4. 日本出入国日確認書類
  5. クレジットカード利用明細書

1,2 に関しては、エポスカードから書類が届くので、これを記入します。

3,4,5については、自分で準備してすべてあわせて付属封筒に入れて送り返しました。

ちなみに、30万以下の請求だと、診断書は必要ないようですが、せっかくもらったので念のため入れて送付してみました。

請求結果

ただいま申請中なので、結果はまた更新したいと思います。

まとめ

アイルランド旅行中に風邪を引いて病院にかかった話をシェアしました。

これから海外旅行へ行く人、アイルランドへ行く人、海外旅行中に風邪を引いてしまった人、海外保険を検討中の人、の役に立てれば幸いです。

にほんブログ村に参加しております!よろしければクリックお願いします 🙂

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました