ミーアキャットレストランへ行くために、アイルランドへ!

meercat-e 英語のあれこれ

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

ミーアキャットのいるレストランへ行くために(他にもいっぱい目的はありましたが)、アイルランドへ旅行に行ってきたのでシェアします。

他にもいろいろしたけど、ミーアキャットのいるレストランも一つの目的!

アイルランドは、どんな国?

人口490万人のEUに属するアイルランド。日本は1億2500万人なので、比較するとめちゃくちゃ少ないですね・・!

日本と同じ島国で、しかも車の走る道路の方向も同じということで、なんだか親近感があります。

食べ物は、主にじゃがいもが主食。有名なアルコールとしてはギネスビールがあります!

英語を喋る国

アイリッシュイングリッシュといわれますが、基本的に英語が公用語として使われています。

アイルランド語も一応第一公用語とのことで、街中の看板などはアイルランド語が連なって書かれていますが、

お店へ行っても英語で会話するので、基本的に英語ができれば全然旅行できます。

日本からの飛行機

日本からアイルランドへの直行便は飛んでいません。

なので、途中別の国を経由するトランジットを利用しなくてはいけません。

私は、乗り継ぎ時間が3時間前後で安くて乗り継ぎが1回で済むフライトを探していました。

そして、見つけたのがこちら。

成田(日本)

↓ 13h

ヘルシンキ(フィンランド)3h

↓ 3h

ダブリン(アイルランド)

すべてフィンエアーだったので、フィンランドで受託手荷物を受け取ったりといったことはなく、スムーズにトランジットができました。

値段は、往復で21万くらいでした。

トルコを経由するフライトや、オランダを経由するフライトなどもあり、そちらのが安かったのですが(18万前後)

トランジット時間が10時間越えだったり、逆に短すぎたりしたので、辞めました。

フィンエアーのサービスについては、可もなく不可もなくでした。日本人のCAがいたので、安心感はありました。

ミーアキャットのいるレストランはどこ?

さて、ダブリンにはヨーロッパ一大きい都市公園フェニックスパークがあります。

その敷地内は、散歩することはもちろん、大統領公邸やダブリン動物園があります。

ダブリン動物園は、フェニックスパークの入り口すぐにあるので、アクセスもしやすいです。

そして、ミーアキャットのいるレストランはダブリン動物園の中にあります!

ダブリン動物園

屋外の動物園で、日本の動物園と比べて柵が低かったり、手を伸ばせば届きそうな距離に動物がいます。

1日あれば十分全部回れるくらいの大きさで、1種類を残してすべての動物を見ることができました。

Dublin Zoo - One of The Most Popular Attractions in Ireland
Dublin Zoo is a must-see experience and the perfect day out for families, friends, couples and those visiting Dublin. Book your tickets online!

見れなかった動物はそもそも展示されてなかったような気がする。。

いざ、ミーアキャットのいるレストランへ

ダブリン動物園の中には、ミーアキャットのいるレストランがあります。それがこちら。

meerkat-restaurant

ご飯を食べるテーブルの奥は、ミーアキャットの展示になっているので、見ながらご飯を食べられるのです!

meerkat2

美味しいご飯をたべつつ、ミーアキャットも見れて大満足でした。とってもおすすめです!

まとめ

ミーアキャットのいるレストランへ行くために、アイルランドへ旅行に行ってきたのでシェアします。

それ以外にも、アイルランドには魅力的な場所、食べ物、文化がたくさんありました。

海外旅行にアイルランドはいかがでしょうか?

にほんブログ村に参加しております!よろしければクリックお願いします 🙂

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました